トップページ納骨堂とは参拝の流れよくあるご質問料金詳細行き方詳細
資料請求・お問い合わせ

納骨堂とは

■納骨堂ってなに?

納骨堂とは、室内に遺骨を納めることのできるお墓です。
もともと、納骨堂は骨壷に入った遺骨を月額の利用料金を支払い「一時的に収蔵しておく場所」でしたが、都市部で「お墓不足が深刻化」するなかで「新しいお墓のスタイル」として「納骨堂でも法要やお参り」が出来る”室内のお墓”「自動搬送式の納骨堂」が提案されるようになったのです。
定期的な掃除が必要なく、天候に左右され易い屋外のお墓参りと違い、雨天でもお参りすることができます。また、冷暖房が完備されているので、快適な環境の中、お参りができます。「ゆめみどう」ではお花やお香が常設されているので、持ち運ぶ手間や負担がなく、すぐに焼香することができます。
屋内のお墓として継続利用するため一般的なお墓と同様に「年間の護持会費が毎年必要」となります。

■納骨堂のメリット

●従来の外墓に比べて土地に掛かる費用が少ない分、価格が安い。
●従来の外墓に比べて年間の護持会費が安い。
●他のお墓に引っ越しをする際に解約料が掛からない。
●仕事帰りやお買い物の際にお参りできる便利な立地。
●お墓を継ぐ人がいなくなっても追加費用はない。
●天候に関係なくお参りすることが出来る。
●室内なのでお墓の手入れがほとんど必要ない。
●お花やお香が常設されているので持ち運びの必要がない。
●カードキーの導入により、セキュリティが高く保たれている。
●宗教・宗旨宗派を問わない。
●立地・費用・維持・手間を踏まえ、承継者への負担を減らすことが出来る。

■納骨堂の種類

納骨堂は一般的に大きく分けて下記の5種類があります。
@ロッカー式 A位牌式 B仏壇式 C合葬式 D機械式(自動搬送式) 
@ロッカー式
骨壷をロッカーのような棚に収蔵してあるタイプを指します。扉を開けて中の遺骨に向かってお参りする方法と、中の遺骨を出し専用の参拝スペースで行う方法があります。
A位牌式
位牌を安置するスペースと、遺骨を安置するスペースが別になっているタイプで、ロッカー式よりも費用を抑えることができることもあります。
B仏壇式
仏壇が並んだような形態の納骨堂です。上段に仏壇があり、下段にお骨を安置するスペースがあり、霊廟型と呼ばれることもあります。
C合葬式
複数のご遺骨を1つのお墓(モニュメント)に収めるタイプのお墓。他の遺骨と混ざってしまうため、取り出したり移動したりすることは出来なくなります。
D機械式(自動搬送式)
専用カードを機械に通して、タッチパネルを操作することで、ご遺骨が自動的にお参りスペースに運ばれてきます。プライベートな時間・空間が保たれており、従来のお墓と同様に焼香も出来ます。お参りには専用のカードが必要となるため、セキュリティが高く、便利で安心な納骨堂として人気が出てきています。
「ゆめみどう」は耐震性にも考慮した、最新の機械式(自動搬送式)の納骨堂です。

"